YouTubeを活用したリスニング勉強法

ここでは、YouTubeを活用したリスニングのトレーニング方法を解説します。おすすめのYouTubeチャンネルなどを紹介しています。

おすすめのYouTubeチャンネル

PBS NewsHour・・・アメリカの公共放送PBSが制作するニュース番組のYouTubeチャンネルです。すべてではありませんが、複数の動画に英語字幕がついています。ニュース番組の字幕はセリフより数秒遅れて字幕(クローズドキャプション - closed captioning, CC)が出るものが多いのですが、このYouTubeチャンネルの字幕はリアルタイムで表示されるので使いやすいです。

Guardian News・・・こちらはイギリスの大手新聞社のYouTubeチャンネルです。こちらでもすべてではないものの、字幕つき動画があります。字幕はリアルタイムです。

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika・・・帰国子女の吉田ちかさんによるYouTubeチャンネル。リアルな英会話をわかりやすく解説してくださっています。英語圏の文化の勉強にもなりますし、英語字幕が出せる動画も多く、リスニングの勉強に最適です。

The Verge・・・スマートフォンの情報を中心に紹介するYouTubeチャンネルです。英語字幕が出るのでおすすめです。

Austin Evans・・・スマートフォン、パソコン、ゲーム機などのレビュー動画です。英語字幕を出すことができます。

Linus Tech Tips・・・テック関係の情報を紹介しています。パソコン関連の情報が多い印象です。2019年11月現在、950万人ほどのチャンネル登録者がいます。英語字幕はありません。

Marques Brownlee・・・こちらもテック関係の情報を紹介。スマートフォンのレビューが多い印象です。2019年11月現在、950万人を超えるチャンネル登録者がいます。英語字幕はありません。

CNET・・・アメリカのCBS系列のメディア企業が運営するYouTubeチャンネルです。英語字幕はありません。

英語字幕つき動画の検索方法

YouTubeでリスニングのトレーニングをするなら、英語字幕が出せた方が効率的に学習できます。英語字幕つきの動画の検索は簡単です。たとえば"tech news"についての"英語字幕つきのYouTube動画を検索する場合、まず"tech news"で検索を行い、その後「フィルタ」から「字幕(Subtitles/CC)」を選びます。これで字幕つきの動画のみが表示されます。他にもこのフィルタ機能で動画のアップロード日を指定したり、高画質なものだけを表示したり、ライブ配信動画を検索したり、いろいろなことができますので試してみてください。

英語字幕がない動画の場合

YouTubeの動画では、字幕が用意されていない動画の方が多いわけですが、そういう場合は自動生成の英語字幕を表示することができます。これはYouTubeの音声認識技術を使用して作成された字幕で、数年前にはとても使いものにならないレベルでしたが、2020年現在、かなり精度が上がっており、ほぼ間違いなく文字起こしをしてくれています。「共有」「保存」の隣にある「...」というところをクリックし、「文字起こしを開く」を選択すると、全文の文字起こしを見ることもできます。字幕をクリックすると動画上でそのセリフを再生することができますし、字幕を選択してコピーすることもできます。かなり使い勝手がよくなっていますので、ぜひご利用ください。

キーボードショートカットの活用

キーボードショートカットを利用することにより、学習効率を上げることができます。よく使用するのは、スペースキー(一時停止)、←(5秒巻き戻し)、→(5秒早送り)です。その他のキーボードショートカットについてはこちらのページを参照してください。